万巻の書を読み千里の道をゆく

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20) | main | 舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵 (カッパ・ノベルス) >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
秋山 瑞人
メディアワークス
猫の地球儀〈その2〉幽の章 (電撃文庫)

スカイウォーカーであると言うだけで宣教部隊に殺される時代。三十六番目のスカイウォーカー朧が残したロボットと彼の人生のすべてが詰まったビンを拾ったのは、朧の予言通り、三十七番目のスカイウォーカー幽でその幽は一匹のちっぽけな黒猫だった―。史上最強の斑は過去四年に渡りスパイラルダイバーの頂点に君臨し続け、斑に挑戦することはすなわち、死であると言われたその斑に勝利したのは二千五百三十三番のスパイラルダイバー焔でその焔は一匹の痩せた白猫だった―。そんな幽と焔が出会ったとき、物語は始まる…。SFファンタジー。


SF。私が苦手とするこのジャンルを久々に読みましたが、まあ、SFと言ってもライトノベルなのでそれなりに楽しく読めました。しかし、前後の文章で矛盾があるようですが、ライトノベルと言って侮るなかれですね。
良くできたお話だな、と思いました。ラストではしんみりというか、ほろりというか、兎に角少し泣かされた。基本的にライトノベルは評価の高い物、更にその中で自分の琴線に触れた物しか読まないと決めているのですが、これはヒットとまでは行かずとも読んで面白かったとは思いました。何か偉そうな言い方だな。

重箱の隅をつつくような事を言うと、まあ、正直難しい単語もバシバシ出てきたので途中「???」となることもありました。だからSFって!ってなりましたよああなったさ文系人間だからね!
著者は『イリヤの夏、UFOの空』で有名になった方ですが、多分私はそっちは読まないと思います。

人間がまるで出てこない小説です。猫好き、ロボット好きにはおすすめ。あ、あと、SFSF言ってますけど、どっちかといえばサイエンスフィクションじゃなくてスペースファンタジーです、これ。
| 23:51 | その他 | comments(0) | - |
| 23:51 | - | - | - |